MENU

バイクを買取してもらう時の心得とコツ

 

 

簡単に高くバイクを売る方法

今乗っているバイクが古くなってきたり、ちょっと飽きてきたりして、前から気になっている新しいバイクが欲しくなった時、今乗っている又は今現在乗っていないバイクどうしますか?

 

やはり下取りや買い取りしてもらって少しでも欲しいバイクの購入資金の足しにしたいですよね。

 

でもその際に気になるのはバイクの売り方です。
購入する時は比較的簡単ですが、いざ実際にバイクを「売る、下取りしてもらう」となった場合は結構考えます、買った時のような気軽さは無いです。

 

ココで一旦バイクの下取りの方法を整理してみましょう。

そのバイクを買ったお店で下取りしてもらう。

 

ヤフーオークションを利用する。

 

知り合いに買い取ってもらう

 

業者に下取りしてもらう。

 

その1,バイクを購入したショップで下取りしてもらう場合

新たに自分の欲しいバイクがそのお店で合った場合は良いのですが、そう都合良くあるとは思えません。

「ウチで他のバイクを購入したらちょっと高く買取るよ」などと言われるかもしれません。
下取りの値段の幅で揺さぶられてしまい
貴方が意思の強い方なら問題ないかも知れないですが私だったら「バイクの査定もしてもらったし
ココで売らなきゃ断りづらいし帰りづらい」などと思ってしまい、それほど好きでもないバイクを購入してしまい後で後悔してしまうかも知れません。

 

 

その2,ヤフオクに代表されるようなネットオークションですが、かなり面倒です。

取引金額が数十万円になりますから相手方も神経質になっています。

商品がバイクですから配送の問題も個人では大変です。
ちょっとした小物なら宅急便でお終いですがバイクの輸送の手配も自分で行わなければいけません。
取引が終了した後も実際に取引相手が商品のバイクを自分の目で見たわけではありませんので
「ココが違う、商品説明欄に記載されていなかった」など言われてしまいます。

 

 

その3、知り合いや友達に売却した場合

金銭トラブルや名義変更の件はスムーズに行われる場合の方が少ないかもしれません。

知り合い間の取引は必ずと言っていいほど中間の知り合いを通して行われるものです。
滞り無く事が進めば問題無いですが、ちょっと揉め出すと間に立ってくれてる人に迷惑がかかりますし最終的には疎遠になってしまう可能性すら有ります。

 

その4,業者に下取りしてもらう場合ですが個人的には一番手間なく簡単にバイクの買取をしてもらうことが出来ます。

一番面倒な名義変更手続きも代行して行ってくれますし
まだローン支払い中だとバイクの名義は信販会社になっているかもしれません、そのあたりの面倒なことも代行してくれますしね。

 

しかし、バイクの下取り(買取)といってもバイクの下取り業者は何社かあります。
どこにお願いしたらいいの?
基本的な第一条件は大手であること、何故かと言うとやはり大手は信頼を失うことができません。
家電業界でいうところのパナソニックやソニーが変な商品を出せないのと同じなのです。
大手であれば有るほど信用、信頼を大事にせざるを得ない得ないのです。

 

さて、大手のバイク買取業者を選べばいいのはわかったのですが結局どこに頼めばいいの?

ですが、大手のバイク下取り業者を調べてみますと
レッ◯・バ◯ン、バイ◯王、バイク◯ブロス、バイク◯ランド
など結構有ります。

 

すべての業者に相見積もりを頼めればそれに越したことはないのですが
そうもいきません。
近くにショップがなければ遠くまで持っていかなければいけないし
査定に来てもらったら、来てもらったらでその日その時間自分のスケジュールを調整しなければ行けませんし下取り金額に納得いかなかったら角が立たないように断らなければしけませんし
何より簡単に手間なくバイクの下取りをしてもらいたいのに本末転倒です。

 

 

 

結果どうすればいいかなのですが一社に絞り込むことです。
一つの業者に絞り込むことによって心理的負担、肉体的拘束時間をグッと軽減してくれます。

 

 

私の個人的経験から言わせてもらえば過去2回取引したバイク王が結局のところ一番オススメできます。
バイクの買取業者では実質1位の大手といっても過言ではないですし不動車も買取してくれますし
なにより時間の無い方必見自宅まで無料出張買取に来てくれますし、不動車や車検が切れていたらショップまでバイク自体を持って行けませんからね。

 

とは言っても一社に絞り込むことで、「もし相場よりも安い金額で下取りされたらどうしよう」と不安になるのも解ります。
ならば事前に愛車を売った時の金額をシュミレーションしておきましょう。
便利になったもので家にいながら確かめることが出来ます。
これならば最高値が瞬時に解りますので実際に買取の段階になりましても大きく構えていられます。

 

 

愛車の買取相場を知りたい方は

 

 
更新履歴